THE EDDYSONS
「Sweet Memories」


60年代後半、英国ビート音楽が米から発生したサイケデリックサウンドに感化され独自の発酵を見せた、サイケポップなサウンド。そんなトレンドは瞬く間に近隣諸国にも影響、今回紹介するオランダのグループEDDYSONSもそんな典型的な1つ。ポップなゆるい弾け具合を見せるA面「Ups And Downs」も捨て難いが、B面「Sweet Memories」の方がより英国よりな作風。美しいメロディに優しい演奏が絶妙なノリを生み出している。レーベルが北欧はスウェーデン資本の英配給盤っていうのもそそられる。


前のページに戻る