THE PATTERSONS
「The World Will Never Turn Again」


アイルランド北部出身のBILLY, RONNIE、CHRISTINE、DOROTHYの男女4人組ファミリーグループPATTERSONS。68年にCBSからデビュー、今回紹介するのは2枚目のシングル「I Don't Want To Be A Memory」のB面「The World Will Never Turn Again」。基本的にはフォークベースの作品だが、華やかな当時の英国ポップスの歌謡感を塗したアレンジが印象的な作品。女性陣の歌声が比較的に前に出てきているのでフォーク系ガールポップ音源がお好きな方にもおススメしたい。アレンジ等を手掛けたLEN BEADLEは作曲家としても活躍、大ヒットこそはないものの質の高い楽曲を沢山書いている人。プロデュースを担当したRAY HORRICKSは自身もラウンジ系インスト音源をリリースしている人でジャズっぽい音源を手掛けている人という印象が強いがこういったポップスも手掛けていたとは。


前のページに戻る