RACHEL
『La Fiesta 』
NOW PLAYING 「Les Souvenirs」

何処の国の女子歌手シーンにも見られる苗字無しの名前のみの子達、インパクト勝負なのか!?。今回紹介する彼女、フランス女子歌手RACHELもそんな典型的な1人だろうか。67年のEP『La Fiesta』は全体的にはフォーキーなテイスト、妙に色っぽさを感じるのはANDRÉ POPPの成せる業か。そんな中から「Les Souvenirs」を紹介。フォーキーな作品の中で一際異彩を放つのは昭和歌謡に通じる湿り気か?ちょっとシャンソンっぽい艶もあり妙な心地良さを覚えずにはいられない。一見当時の今時のお嬢さん的なルックスだが歌唱力がしっかりしているのも萌えポイント。


前のページに戻る