MILLIE
「Piccaninny Man」


ポップなスカ「My Boy Lollipo」で一世を風靡したMILLIE SMALL。そんな彼女もその後数発の小ヒットはあったもののも思うようにヒットを飛ばせずレーベルを転々とすることになる。そんな中の1つ、1枚契約でリリースしたのがこの70年のPRESIDENTレーベルからの本盤。ポップスを得意とする反面、所属バンドEQUALSのEDDIE GRANTが手掛けた数多くのレゲエバンドも多くリリースしていることだし本盤も太いレゲエが聴けるのかと針を落としてみる・・・するとA面「We're All In A Zoo」もそうだが、レゲエ特有のあのアーシーなフィーリングはあまり感じず、ストリングスなどポップス的なアレンジが施されたスタイリッシュなレゲエが響いてくる。彼女のキャッチーで垢抜けた声質にはむしろこういったテイストの方が合っているのかもしれない。


前のページに戻る