ROBB AND DEAN DOUGLAS
「Rose Growing In The Ruins」


英国の60年代ポップスのシングルを色々聴いているとよく見るのが米国のソウル楽曲のカヴァー。さすがはソウル研究大国だけあるからか、面白いのがその作風が英国のポップス界と相性が良いのか、やたらとみる作曲家の名前。MOTOWNを中心に作曲活動していたNICK ASHFORDとVALERIE SIMPSONのコンビも(時にこのコンビにJOAN ARMSTEADも加わって)英国のポップス界では重宝されていたのか意外と見る名前。今回紹介するDERAMのブルーアイドソウル系デュオ、ROBB AND DEAN DOUGLASのこのシングルもその1枚。米国では前年にR&BグループRIVINGSTONSがリリースしていた楽曲。原曲自体がポップ色濃い作風だったというのもあるが、実に自然な爽やかな仕上がりとなっている。ちなみに彼等は兄弟や従兄弟等の血縁関係は全くない、ただの芸名だそうな。

前のページに戻る