O'DONEL LEVY
「Granny」


ボルティモア出身のジャズファンク系の音楽ファンから人気のギタリストLEVYの記念すべき1枚目のシングル。サックス奏者MIKE SHARPEの作品「Spooky」(一般的にはポップスのグループCLASSICS VIのヴァージョンでお馴染み)を思わせる、湿ったノリが洒落た自作曲。ほどよくタイトなビートに乗ってLEVYのギターをはじめ、ARTHUR “FATS” THEUSのフルートやCHARLES COVINGTONの鍵盤がお洒落に響く。プロデュースは数多くのジャズセッションを手掛けたSONNY LESTER。


前のページに戻る