GLADYS KNIGHT AND THE PIPS
「Don't Let Her Take Your Love From Me」


彼等といえば70年代のBUDDAHレーベルにてリリースした「Midnight Train To Georgia」に始まる一連のポップな作風。しかし意外とキャリアは長く60年代初頭からの録音している。そしてソウルファンには一番の魅力なのがこのMOTOWN傘下のSOULレーベル時代。ここで取り上げるのはシングル「The End Of Our Road」のB面「Don't Let Her Take Your Love From Me」。同系レーベルのFOUR TOPSも録している本作、FOUR TOPSヴァージョンは結構ポップな仕上りだったがGLADYS等はこれをグッとアーシーに仕上げた。丁度南部ソウルやロックが徐々に音楽シーンに出てきた時期、これを意識してかしないか分からないが時代を取り入れたようなセンスを感じる。ギター等の土着性あるアレンジも最高にカッコいい。


前のページに戻る