IKE AND TINA TURNER
「A Fool For A Fool」


長らく在籍していた初期の彼等のトレードマークとも言うべきSUEを離れ、SONJA、INNIS等マイナーレーベルから数枚のシングルをリリース後、64年にめでたく大手WARNER BROS.と契約、本盤はその第一弾シングル。レーベル側もそれまでの彼等の業績を高く買い期待を込めてか、いきなりPS付きでもVIP待遇なリリース。曲調はそれまでの典型的な彼等流R&B。プロデュースはPLATTERSを手掛けたことで知られるBUCK RAMが担当、それまでの彼等の良い意味で下品な雰囲気からややスタイリッシュな感じに仕上がっている。


前のページに戻る