ROSETTA HIGHTOWER
「Captain's Army」


60年代初頭から半ばにかけてポップなR&BグループORLONSの一員として活躍。60年代後半の活動の場所を求め単身渡英、ソウル歌手として再出発した彼女。70年代に入ると自身のサウンドを模索すべく(?)ロックとソウルの融合的な音作りに取り組むことに。今回紹介するのは73年のPHILIPSでの唯一のリリースであるシングル「The Walls Fell Down」のB面「Captain's Army」。豪快なスワンプ・ロック風のギターと跳ねるビートが印象的なロック色濃いファンキーな楽曲。作曲は本盤のアレンジ・プロデュースを手掛けている、また彼女の夫でもあるIAN GREEN。ソウル好き、ROSETTAのファン以外にもスワンプロックや南部ロック好きにも聴いてほしい作品。


前のページに戻る