SOLOMON BURKE
「Keep Looking」


「Just Out Of reach」、「Cry To Me」、「Down In The Valley」等のヒットでATLANTICレーベルの看板アーティストとなった歌手SOLOMON BURKEの66年作。説教師のキャリアを活かした冒頭の名調子から重厚でファンキーなR&Bに発展する、人気の高い作品。同年に英国の硬派系(?)R&BグループARTWOODSもアルバムでカヴァーしているというのも人気の一因か。作曲はBURKE自身に細君のDELORES BURKE、MARK BURKE(兄弟?)の共作。アレンジを担当したLEROY GLOVERはIMPRESSIONSやMAXINE BROWN等人気R&BアーティストからSHANGRI-LASやANGELS等ポップス系アーティストまで幅広く手掛けていた人。本盤は貴重なプロモ盤。


前のページに戻る