THE SUPREMES
「He Means The World To Me」


SMOKEY ROBINSONやMARY WELLS等と共に初期のMOTOWNを盛り上げた人気グループSUPREMES。そういった人達と共に英国では初期のMOTOWNを配給していたORIOLEからリリースされていそうな彼女達だが、実際は64年のSTATESIDEからと意外と遅めだった。そんな彼女達はSTATESIDEでの2枚目「Where Did Our Love Go」でブレイクすることになる。今回はその「Where Did〜」のB面である「He Means The World To Me」を紹介。パーカッションとヴィブラフォンを入れた洒落たアレンジの、ちょっとオールディーズ風の作品。B面曲らしく地味目な作風は否めないが聴けば聴くほど味が出てくる。作曲は後にBARRETT STRONGと共に第二期TEMPTATIONSを盛り上げるNORMAN WHITFIELDによるもの。


前のページに戻る