THE TYMES
「People」


ドゥーワップ調ポップの名曲「So Much In Love」でお馴染みコーラスグループTYMES。その後は一体どうなったのだろう・・・と思っていたら実際はしぶとく(失礼!)活動、時代のトレンドであるソウル/R&Bもしっかり意識したサウンドを製作していた。今回紹介するのもそんな1つ、楽曲自体はスタンダード化したあのミュージカル楽曲「People」。フィリーが生んだメロウ職人JIMMY WISNER指揮の下、爽やかなソウル風味たっぷりのカヴァーとなった。クルーナー的な歌唱はジャズ上がりだろうが、そんな幾多の要素が混ざった独自のソウルというのも面白い。70年代に入っても良質な録音を残すことになる。


前のページに戻る